オンライン症例検討会2021

発表者用ページ

HOME | オンライン症例検討会2021 | ライブ発表の発表者へ

ライブ発表について

ライブ発表では2020年11月および12月に行われたプレオンライン症例検討会と同様のスタイルでZoomウェビナーによる発表をして頂きます。発表者の先生方にはZoomでの発表が可能なスペックのパソコンとインターネット回線が必要です。
 
①Zoomをインストールしてアカウントを作成して下さい。Zoomはアップデートして最新版に更新して下さい。
②発表を行うパソコンはできる限りLANケーブルを使って有線でインターネットに接続して下さい。無線LANは回線が不安定になることがあります。
③発表を行う場所は生活の雑音が入りにくい場所をお選び下さい。
④パソコン内蔵のマイクはスペックによっては聞き取りにくい音声になる場合があります。ヘッドセットやUSB接続のコンデンサマイクなどを利用することを推奨します。
⑤急なインターネットトラブルに備えて、スマートフォンなどにもZoomをインストールして電話回線経由でも発表できるようにして下さい。スライドデータは事前にアップロードして下さい。
⑥スライドは基本的に演者のパソコンから共有して頂きますので、パワーポイントをはじめ、MacのKeynoteなどバージョンやOSに制限がありません。
 

ライブ発表日程

ライブ演者の先生には以下の行程でご協力お願いいたします。
①接続環境等を確認する接続テスト(2〜3週間前)
②学会の役員が参加する予演会(2〜3日前)
③本番当日 (20:30から直前顔合わせ、21:00本番)
 

発表時間

発表時間は10分を目安として下さい。質疑応答は12分程度です。
 

見逃し配信

ライブ発表では見逃し配信はありません。一回限りのライブを前提に発表や質疑応答を行ってください。