症例検討会2020

発表者用ページ

HOME | 症例検討会2020 | 要旨作成から提出まで

発表要旨の作成とアップロード

要旨作成については下記の要旨作成のポイントと合わせて「要旨書式」ファイルをご参照下さい。
ポスター発表および口頭発表共に要旨作成をお願いいたします。 

要旨作成のポイント

詳しい作製方法は「要旨書式」をご覧下さい。
<症例報告の内容> エキゾチック動物に関わる学術的もしくは臨床上有益な情報(例えば、症例に対する治療法と経過、日常的に遭遇する疾病の統計結果、治療法を比較検討した結果、検査法を検討した結果など)。

原稿の校正について

 お送りいただいた抄録原稿は、投稿規程に準じた内容、誤字、脱字、誤表現などを確認し校正させていただきます。再校正をE-mailにて依頼しますのでご協力のほど、よろしくお願い申し上げます。

症例発表のお手伝いについて

 症例発表初心者で要旨・ポスター・スライド作成がわからない場合は編集委員がアドバイスなどお手伝いをいたします。タスプもしくは下記お問い合わせまでご連絡ください。
発表についてのお問い合わせ先
もうり動物病院 毛利 崇
 E-mail: mohrivet@gmail.com  2018年10月13日作成

症例検討会要旨の書式について

要旨については以下のWordファイルをダウンロードしてフォント等の書式を保持したまま作成してして下さい。
 LinkIconsample.docx
 
要旨作成については要旨作成規定をダウンロードして熟読の上で作成して下さい。
LinkIconyoushi_kitei.pdf

文書形式

記載順は、表題、名前(所属が複数の場合は語尾に上付きで記載)、 
所属(所属が複数の場合は先頭に番号を記載、住所なし)、症例報告の場合「はじめに」、 「症例(診断、治療、経過を含めても可)」、「治療および経過」、「考察」、「参考文献」、図表の順に記載して下さい。研究報告の場合「はじめに」、「材料および方法」、「成績または結果」、「考察」、「参考文献」、図表の順で記載して下さい。 
 

要旨作成規定(抜粋)

・原稿はマイクロソフトワードを用いて以下に設定するフォーマットで整えて下さい。
・特に,マル「。」,カンマ「,」,ピリオド「。」,コロン「:」の使い方(半角,全角,スペースの有無)には十分注意して記載して下さい。
原稿の書式の原則
1. A4用紙縦にて横書き
2. 余白は上下30㎜,左右30㎜とします。
3. 文字数は一行40文字,行数は40行とします。
4. 英数字は,半角文字を使用
5. 日本語句読点は,点「、」の代わりに全角カンマ「,」およびマル「。」を使用
6. 全角文字の直後のカンマ,ピリオド,コロンは全角
7. 半角文字の直後のカンマ,ピリオド,コロンは半角
8. 半角(カンマ,ピリオド,コロン)の前はスペースなし,後は半角スペース
9. 括弧内が半角文字だけの場合は半角括弧で前後半角スペース,全角文字が含まれる場合は全角括弧

例1:学名など(半角括弧でくくり斜体で書いて下さい)
□(Batrachochytrium dendrobatidis)□ 
前後半角スペース空けて下さい(赤四角)。 
例2:括弧内全角文字の場合(全角括弧でくくって下さい。前後スペースなし)
(デュラミューン5,共立製薬)

10.原稿中の字体,文字の大きさ,改行等は以下に習って下さい。 

文献記載方法

 (注意)Pubmedやインターネット上のタイトルなどをコピーペーストだけではいけません。以下の書き方に沿って書き直して,引用文献として下さい。

英文学術雑誌の場合

著者,2.年号,3.論文タイトル,4.雑誌名,5.巻,ページの順で記載して下さい。 
1.著者名:ラストネーム(姓)とファーストネーム(名)の頭文字で記し,半角カンマ(カンマ後は半角スペース空ける)で分けて下さい。著者は3名であとは,et al.でまとめて下さい。
2.年号:半角括弧内で書いて下さい。前後半角スペース。
3.論文タイトル:書き出し頭文字と地名など固有名詞頭文字は大文字。あとは小文字。
4.雑誌名:短縮名で書いて下さい。
 例)Journal of Veterinary Medical Science→J Vet Med Sci.
 (参考:http://www.toukoukitei.net/i4aGlossaryAbbrRule.html)
5. 巻,号,ページ:Volume: pageの順で半角数字,半角括弧,半角ピリオド,半角カンマ,半角コロンで書いて下さい。後に半角スペース(赤四角)。

和文雑誌の場合

 1) 3文字の著者は苗字と名の間に全角スペース。全角カンマで区切って下さい(注 英文では半角カンマ)
2)著者の後に半角括弧で年号を入れて下さい。括弧前後は半角スペースを空けて下さい。
3)論文タイトルの後は全角カンマ
4)雑誌名は短縮できるものはして下さい。例:日本獣医師会誌→日獣会誌等
5)ページは巻: ページで示す。コロンは半角で後に半角スペース

英文書籍の場合

 1)執筆者 2)年号,3)引用タイトル,4)In: 監修者.ed. 5)書籍名,6)ページ。pp.XX-XXX ※1ページ未満の場合は,p.XXと書いて下さい。7)出版社名

日本語書籍の場合

 1) 著者 2)年号 3)引用タイトル,4)編著もしくは監修者,訳者 5)書籍名 6)ページ。複数ページはpp. 1ページ未満の場合はp.7)出版社

写真および図

原則として抄録には写真および図は掲載しません。ただし、文書では説明が難しい現象、数値の羅列など必要な場合は表のみ受付します。
 

表に関して

1.表はまとめて原稿の最後に付し,挿入部位は本文中に,解説はまとめて原稿最後に列記して下さい。
2.表は可能な限り,縦罫線を用いないことが望ましいですが,表作成に支障がある場合はこの限りではありません。原稿最後に,図表を付し,その解説をまとめて列記して下さい。
3.表の元データ(jpg, TIFF, xlsx)は、原稿データ(docx)とは別ファイル名で保存し提出して下さい。

血液検査項目名および単位、略号について

使用する主な臨床検査の略語や単位は下の例を参照にして下さい。
RBC(×104/μl), Hb(g/dℓ), PCVあるいはHt(%), MCV(fl), MCHC(%), WBC(/μl), Plat(×104/μl) TP(g/dℓ), Alb(g/dℓ), Glb(g/dℓ), Glu (mg/dℓ), BUN(mg/dℓ), Cre(mg/dℓ), AST(IU/l), ALT(IU/l), ALP(IU/l), GGT(IU/l), TBil(mg/dℓ), TCho(mg/dl), TG(mg/dℓ), CPK(IU/l), UA(mg/dl), NH3(μg/dℓ), Ca(mg/dℓ), P(mg/dℓ), Na (mmol/l), Cl(mmol/l), K(mmol/l), Mg(mg/dℓ)
m, cm, mm, μm, nm, m2, l, ml, μl, mol/l, mmol/l, μmol/l, pH, kg, g, mg, μg, ng, pg, h, min, sec 
 

字数

A4 用紙 5 ページ以内(約8000字以内)が望ましく、演題名、演者名、共同研究者名、施設名、表など全てページ数(文字数)に含みます。
 

ファイル名

要旨のファイル名は「腎臓腫瘍のハムスターの1例.docx」などのように「演題名(のみ).docx」として下さい。ファイル名内に[.docx]などの拡張子以外に「 」(スペース)や「.」「"」「/」「\」「[」「]」「:」「;」「|」「=」「,」を含むことは避けて下さい。
 

再アップロードについて

期限内にアップロードされた後に修正点がみつかった場合は「腎臓腫瘍のハムスターの1例_変更1.docx」のように「演題名_(半角アンダーバー)変更(バージョン).docx」のようにファイル名を変更して再アップロードして下さい。アップロード前もフォームの入力も再度行い、備考欄に修正したことをご記載下さい。

校正について

要旨の校正終了後、コメントを付加した要旨が届きます。コメントの内容を検証して修正を行い、期限内に再度、当HPからアップロードを行なって下さい。その際にはファイル名は送付されたものをそのまま保持して下さい。
LinkIcon

要旨のアップロード

1.要旨をアップロードする前に、下のフォームから登録して下さい。
(校正後の再アップロードに際にもその都度登録して下さい。)

2.続いて下のリンクから要旨をアップロードして下さい。

発表者の責任でウイルス対策を行ってからアップロードして下さい。

 LinkIcon要旨アップロードはこちら


 
LinkIcon